期待が生まれます

期待

人妻に出会い、幾度となく出会えるようになったのなら、それから常時を楽しめるよう誘いましょう。
ただ中には恥ずかしさが先行して関係をもてないという人もいますね。
こうした女性であっても何とかことを進めようというのは間違いです。
何度も仲良く関係を築きたいと思うのであればなおさら止めましょう。
人妻がその気になってくれるように、男性は努力を重ねるべきです。
とはいえ、独身女性異状にその気になるのが人妻という既婚女性です。
ご主人との生活が平坦なために別の男性からの刺激が欲しかったりするために、出会い系サイトを利用することが多いのです。
ですからあなたは人妻に対して、ちらっと大人の関係を匂わせるような態度を取って見ましょう。
誘い出すなら夜がポイントです。
御主人の残業が多くて帰りが遅い、出張が多いなどというときがいいでしょう、。
人妻は一人夜に外出することはほぼありません。
そのため夜のお出かけをこの機会に楽しみたいという気持ちを持ちやすくなるのです。
ファーストデートであれば、関係はまだ持たないようにしましょう。
キス、手を繋ぐくらいに留めておきましょう。
そうすると、次に会ったらもしかしたら…と人妻にも期待が生まれます。
人妻に期待感を持たせることで、人妻の方から大人の関係へのお誘いがあることもあります。
また何度か会っていながら大人の関係を持つのであれば、レディファースト精神を忘れないようにしましょう。
無理やり関係を持っても、罪悪感を残すだけなのです。

メールとデートの注意点

ご存じの通り、出会い系サイトは男性多数:女性少数という歪んだ比率になっています。アピールを行わなければ出会いを獲得出来ない男性とは異なり、女性は完全に受け身でも、出会いがバンバン成立する状態なのです。
故に、女性ユーザーからの返信はまだらです。返信数が0ということも珍しくなく、10通出して1通返信が来れば万々歳といえます。男性ユーザーが躓くのはまさにここで、この返信率の低さから、出会い系サイトの利用を諦める人が多いです。
また、返信があったからといって油断は出来ません。人妻は、常にこちらを振いにかけている状態で、少しでも条件が良い相手だけを残していきます。ふるい落とされた場合は、デートどころかそれ以上のメール交換も叶いません。縁がなかったものとし、次の人妻にアプローチを開始しましょう。
運良くデートに繋がった場合は、デートを行う場所に気を付けてください。「スリルを感じたいから」という理由で、それぞれの自宅でデートを繰り返すカップルもいますが、これは避けるべき。特に、お子さんが―例え未就学生でも―居る場合は、絶対に行うべきではありません。
子供は、お父さんお母さんの行動を、恐ろしいまでによく見ています。「今日、知らないおばちゃん(おじちゃん)がパパ(ママ)と遊んでいたよ」なんて無邪気な発言から不倫が発覚→一家離散という結末も十分にあり得るのです。
人妻との交際は、安全第一で行いましょう。人生を棒にふる覚悟があるなら、話は別ですけどね。

チャンスは意外と潜んでいる

不倫はリスクが多大のため、身を守るためには『諦め』が必須です。しかし、諦めていてばかりでは関係が進展しません。時には、リスクを承知で打って出ることが必要です。
例えば、デートは上手く行ったけど、絞めのホテルでセックスを拒まれた時。「そうか・・・仕方がないね」と器の大きさをアピールするのもいいですが、ここまで来たら、やっぱりセックスしたいですよね。この場合は、こちらから打って出ましょう。
セックスに誘導する方法としてお勧めなのは、『罪悪感の共有』といアピール。人妻がセックスを拒む理由は多々ありますが、ホテルに入ってからの場合、理由はほぼ不倫への罪悪感です。なので、こちらも罪悪感を感じていること、それを共有する気持ちであることを伝えましょう。
「寂しかったんだよね」「君が悪いんじゃないから、そんなに悲しい顔をしないで」といった在り来たりな言葉でも、人妻は安堵してくれます。ここで少し様子を見て、いけそうならそのままなだれ込んでしまいましょう。逆に、あと一押しがどうしても出来ない・・・という場合は、次回デートに期待を。無理に迫れば、今回限りで関係が終わってしまいかねません。
また罪悪感の共有以外では、「あなたが魅力的過ぎるのがいけない」と、人妻の魅力故に迫ってしまう・・・というアピールが有効です。誰だって、魅力的だと言われて悪い気はしませんからね。良い気分に浸らせてやることで、セックスへの道は開くのです。

Copyright(c) 2013 オススメ人妻サイトランキング All Rights Reserved.